iPhone > iPhoneの使い方 > iPhoneの「メール」アプリで送信を取り消す

スポンサーリンク

iPhoneの「メール」アプリで送信を取り消す

ここではiPhoneの「メール」アプリで送信を取り消す方法を紹介しています。

iPhoneでメールの送信を取り消す

iPhoneの「メール」アプリでは、メール送信後の一定時間内であればメールの送信を取り消すことが可能です。

デフォルト設定では、メールの送信の取り消しはメールの送信後10秒間可能ですが、メールの送信を取り消すまでの時間は20秒または30秒に設定することも可能です。

* メール送信の取り消しを行うには「iOS16」以降が必要です。

目次:
iPhoneの「メール」アプリでメール送信を取り消す
メール送信の取り消しが可能な時間を変更する

iPhoneの「メール」アプリでメール送信を取り消す

iPhoneで「メール」アプリでメールを送信後、一定時間内であればメールの送信を取り消すことができます(デフォルトでは送信後10秒以内)。

1. 「メール」アプリでメールを作成・送信する

iPhoneで「メール」アプリを起動します。新規メールや返信メールを作成して送信します。

iPhoneで「メール」アプリを起動する
1. 「メール」アプリを起動します
iPhoneでメールを作成する
2. 新規メールや返信メールを作成します
iPhoneでメールを送信する
3. 「送信」をタップします

2. 一定時間内に「送信を取り消す」をタップして送信を取り消す

メールを送信後、画面下部に一定時間表示される「送信を取り消す」をタップすることで、メールの送信後でもメール送信を取り消すことができます。

メールの送信を取り消すと再度メールの作成画面が表示されるので、内容を修正して再送信したり、「キャンセル」をタップして送信を止めることができます。

iPhoneのメールで送信をキャンセルする
1. 「送信を取り消す」をタップします
iPhoneのメールで送信を取り消す
2. 送信が取り消され、再度メール作成画面が表示されます
iPhoneでメール送信時に「あとで送信」をタップする
3. 内容を修正して再送信することなどができます

メール送信の取り消しが可能な時間を変更する

メール送信の取り消しが可能な時間を変更します。デフォルトでは10秒に設定されていますが、20秒、30秒、オフ(取り消し不可)から選択することができます。

「設定」アプリで「メール」から「送信を取り消すまでの時間」を選択します。「オフ/10秒/20秒/30秒」から設定したい時間にチェックします。

iPhoneでメールの送信取り消しが可能な時間を変更する
1. 「設定」から「メール」を選択します
メール送信を取り消すまでの時間
2. 「送信を取り消すまでの時間」をタップします
iPhoneでメールの送信を取り消すまでの時間を設定する
3. メール送信の取り消しが可能な時間を選択します

スポンサーリンク

iPhone 14/14 Pro/14 Pro Maxの販売がオンラインショップで開始

Twitterで更新情報を配信しています

  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  Apple TV
  • アプリ
  •  LINE
  •  Kindle
  •  Googleマップ
  •  Hulu
  •  YouTube
  •  AbemaTV