Wave+ iCloud TOP > iCloudの設定と使い方 > iPhoneでiCloudを利用してデータを移行する

スポンサーリンク

iPhoneでiCloudを利用してデータを移行する

ここではiPhoneでiCloudを利用してデータを移行する方法を紹介しています。

iPhoneを機種変更した場合など、古いiPhoneから新しいiPhoneにiCloudを利用してデータを移行します。古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップ、新しいiPhoneでそのバックアップから復元することで、現在の利用環境をそのまま新しい端末に引き継ぐことが可能です。

なお、パソコンがある場合は、iTunesを利用してデータ移行することも可能です。iTunesを利用してデータ移行する方法は「iPhoneでiTunesを利用してデータを移行する」をご覧下さい。

iCloudを利用してiPhoneのデータを以降する前の確認事項

iCloudを利用してiPhoneでデータを移行する前に、以下を確認します。

iCloudでのデータ移行にはWi-Fi環境が必要

iCloudでのデータ移行(データのバックアップ・復元)を行うには、古いiPhone、新しいiPhoneでWi-Fi接続が必要になります。iCloudのデータ移行を行う場合は、自宅等のWi-Fi環境(できれば電源)がある場所で作業します。

iPhoneをWi-Fi接続する方法は「iPhoneをWi-Fiに接続する」をご覧下さい。

Apple Watchをペアリングしている場合は事前に解除する

Apple WatchをiPhoneとペアリングしている場合は、事前にApple Watchのペアリングを解除します。ペアリングを解除するとApple WatchのデータがiPhoneにバックアップされるので、iPhoneのデータを移行後に、新しいiPhoneと再度ペアリングします。

iPhoneとApple Watchをペアリングする方法は「Apple Watchの初期設定/iPhoneとのペアリング方法」をご覧下さい。

iPhoneでApple Watchアプリを起動する
1. 「Apple Watch」アプリを起動します
iPhoneでApple Watchの設定画面を表示する
2. 「マイウォッチ」タブから「Apple Watch」を選択します
iPhoneとApple Watchのペアリングを解除する
3. 「Apple WAtchのペアリングを解除」をタップします

古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップする

古いiPhoneのデータをiCloudにバックアップします。

古いiPhoneでiCloudのバックアップ画面を表示する

古いiPhoneで「設定」アプリを起動します。「iCloud」から「バックアップ」を選択します。

iPhoneでiCloudの設定画面を表示する
1. 「設定」をタップします
iPhoneの設定でiCloudを選択する
2. 「iCloud」を選択します
iPhoneのiCloud設定画面でバックアップを選択する
3. 「バックアップ」を選択します

古いiPhoneでiCloudにバックアップを作成する

バックアップ画面で「iCloudバックアップ」をオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップすることでiCloudにバックアップを作成できます。バックアップが完了すると"前回のバックアップ"が更新されるので、現在の時刻になっていることを確認します。

iPhoneでiCloudに今すぐバックアップを作成する
1. 「今すぐバックアップ」をタップします
iPhoneのデータをiCloudにバックアップを作成する
2. iCloudにバックアップが作成されます
iPhoneのデータがiCloudにバックアップされたことを確認する
3. バックアップが作成されたことを確認します

iCloudへのバックアップのための容量が足りない場合

iCloudの無料プランは5GBまでとなっているので、iCloudの容量がバックアップに足りない場合、バックアップできません。有料で容量を購入するか、「容量」から「ストレージを管理」を選択し、「このiPhone」をタップすることで"バックアップオプション"を表示、バックアップを作成する必要のないアプリをオフにします。

または、"フォトライブラリ"のサイズが大きい場合は「写真」アプリから必要のない写真や動画を削除するか、オンラインストレージ等に移して、バックアップするデータのサイズを減らします。

iPhoneでiCloudの容量を確認する
1. iCloudの設定画面から「容量」を選択します
iPhoneでiCloudのストレージを管理する
2. 「ストレージを管理」を選択します
iPhoneでiCloudにバックアップするアプリを指定する
3. バックアップオプションを表示できます

新しいiPhoneでiCloudのバックアップから復元する

新しいiPhoneでiCloudに作成済みのバックアップから復元します。

新しいiPhoneで「iCloudバックアップから復元」を選択する

新しいiPhoneを起動すると初期設定画面(設定アシスタント)が表示されます。画面に従ってWi-Fi等の設定を進め、「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iPhoneで設定アシスタントを起動する
1. 画面をスライドして、設定を進めます
iPhoneをWi-Fi接続する
2. Wi-Fiなどを設定します
iPhoneでiCloudバックアップから復元する
3. Appとデータ画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します

新しいiPhoneですでに初期設定を完了している場合

新しいiPhoneですでに初期設定を完了している場合は、iPhoneのリセット(初期化)が必要になります。ホーム画面で「設定」をタップし、「一般」から「リセット」を選択します。リセット画面で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、「iPhoneを消去」をタップすることで、iPhoneをリセット(初期化)することができます。

iPhoneで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
iPhoneでリセット画面を表示する
2. 「一般」から「リセット」を選択します
iPhoneでiPhoneを消去する
3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、iPhoneを消去します

新しいiPhoneでiCloudからバックアップを復元する

サインイン画面で「Apple ID」と「パスワード」を入力して、iCloudにサインインします。「バックアップを選択」画面で、復元したいバックアップを選択することで、iCloudから復元を開始できます。

iPhoneでiCloudにサインインする
1. Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインします
iPhoneでiCloudからバックアップを選択する
2. 復元したいバックアップを選択します
iPhoneでiCloudから復元する
3. iCloudから復元が開始されます

新しいiPhoneをiCloudから復元後、各種設定を完了する

iCloudからの復元が完了するとアップデートの完了画面が表示されるので「続ける」をタップし、「iCloud」のパスワードを入力、その他の各種設定を行います。

iPhoneでアップデートが完了する
1. 復元の完了後、「続ける」をタップします
iPhoneでiCloudの設定を完了する
2. iCloudのパスワードを入力します
iPhoneでSiriなどの設定を完了する
3. Siri等の各種設定を行います

新しいiPhoneでアプリなどが順次ダウンロードされる

各種設定を完了し、iPhoneのホーム画面を表示します。アプリなどのダウンロードが順次開始されるので、Wi-Fiに接続したままダウンロードが完了するまで待ちます。

iPhoneでiCloudからの復元を完了する
1. 「さあ、はじめよう!」をタップします
Appとメディアを復元中
2. iPhoneのホーム画面が表示されます
iPhoneでiCloudでデータ移行する
3. アプリなどが順次ダウンロードされます

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/icloud/transfer_data_by_icloud.htm


このページへのリンクタグ: iPhoneでiCloudを利用してデータを移行する - Wave+ iCloud
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  Apple Watch
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー