Apple Watch Wave Top > Apple Watchの使い方 > Apple Watchで「おやすみモード」を設定する

スポンサーリンク

Apple Watchで「おやすみモード」を設定する

ここではApple Watchで「おやすみモード」を設定する方法を紹介しています。

Apple Watchで「おやすみモード」を設定することで、電話やメールの着信・受信などの通知時の画面の点灯、着信音/通知音、振動をオフにすることができます。就寝時や映画館、会議中などで利用できる便利な機能となっています。

なお、ペアリングしているiPhoneの「おやすみモード」のオン/オフをApple Watchから切り替えることも可能です。

* おやすみモード設定中も、アラームは有効です。

Apple Watchで「おやすみモード」をオンにする

Apple Watchの設定アプリ、または"コントロールセンター"から「おやすみモード」のオン/オフを切り替えできます。

* 「おやすみモード」をオンにすると、画面上に「三日月」のアイコンが表示されます。

「設定」アプリからおやすみモードをオンにする

Apple Watch側面の「デジタルクラウン」をクリックしてホーム画面を表示、「設定」アプリを起動します。設定画面から「おやすみモード」を選択し、「おやすみモード」を"オン"にします。

Apple Watchで設定アプリを起動する
1. ホーム画面で「設定」をタップします
Apple Watchでおやすみモードの設定画面を表示する
2. 「おやすみモード」をタップします
Apple Watchでおやすみモードをオンにする
3. 「おやすみモード」をオンにします

コントロールセンターからおやすみモードをオンにする

Apple Watchの文字盤を下からスワイプしてコントロールセンターを表示ます。コントロールセンターから「おやすみモード」アイコンをタップして、「おやすみモード」を"オン"にします。

Apple Watchで文字盤を上にスワイプする
1. 文字盤を下からスワイプします
Apple Watchでグランスを表示する
2. コントロールセンターで「おやすみモード」をタップします
Apple Watchでおやすみモードをオンにする
3. Apple Watchで「おやすみモード」がオンになります

Apple WatchとiPhoneで「おやすみモード」を同じ設定にしたい場合

ペアリングしているiPhoneで「Apple Watch」アプリを起動し、「おやすみモード」から「iPhoneを反映」をオンにすることことで、「おやすみモード」のオン/オフの切り替えをお互いに反映、同じ設定にすることも可能です。

また、iPhoneで「おやすみモード」の時間指定をしている場合は、Apple Watchにも反映されます。

iPhoneで「Apple Watch」アプリを起動する
1. iPhoneで「Apple Watch」アプリを起動します
「Apple Watch」アプリでグおやすみモード設定画面を表示する
2. 「おやすみモード」を選択します
iPhoneを反映
3. 「iPhoneを反映」をオンにします

スポンサーリンク

Twitterで更新情報を配信しています

このページへのリンクを作成する

このページのURL:http://www.ipodwave.com/applewatch/howto/do_not_disturb.html


このページへのリンクタグ: Apple Watchで「おやすみモード」を設定する - Apple Watch Wave
  • カテゴリ
  •  iPod
  •  iPhone
  •  iPad
  •  iCloud
  •  Apple TV
  •  News
  •  アプリ
  •  レビュー